article

すごい人の”今”と比べるな。それが人を切らない理由。&京大講演報告

報告!京都大講演へ行って参りました。

From 加藤 寛大

前回、大阪でのビジネスコンテストXC参加者の京都大生が中心に開いてくれていた、京大での起業志望者向け講演会のパネラーとして登壇してきました。

翌日の淡路島、事業家合宿に関してはまた別に書きます。

20170221-090359.jpg

※行きの夜行バス。いつも特に問題なく寝れるので安い夜行バスで行きましたが、足元ライトがまぶしすぎて寝れないという自体に陥ったので帰りは新幹線に。もうバスは使わないかな。

20170221-090420.jpg

※京都到着してすぐに東本願寺が。高校以来の京都なので大きな寺があるだけで興奮。

20170221-090437.jpg

※人生初の京都大!!東大に良く似てる。哲学研究会に出たわけではありません。

20170221-090457.jpg

※こんなに人が。全体で100名くらいの印象。百年記念講堂?というところで話させて頂きました。

20170221-092827.jpg

※独学過ぎると、腑に落ちるけど失敗も多くなるよ。今後99人が違うといっても自分は1人でその99人を論破できる事を本気でやりなよ。的な話をしました。普通過ぎますが、きっといい事例を交えて話したので伝わったはず。一部その時の話を含めて下に書きます。それにしても最近切った髪形は気に食わない。

20170221-090518.jpg

※最後は交流会。ここまで残ったメンバーは非常にあつい志を持っている人がおおいように感じました。

次回は3/12(土)でビジネスコンテストをしに大阪にまた戻って来る予定です。

すごい人の”今”と比べるな。それが人を切らない理由。

今日伝えたいのはここから。当日の講演で話した内容も踏まえつつ思考を広げてます。

すごい人の”今”と比べるな

これは俺が昔からずっと思って来たものです。

結構生き急いでいる人ほど、”今”の自分と”今”のビルゲイツ氏、孫正義氏等々多大な影響を与えた成功者と比べる傾向があります

自分ももっと前はそんな人間でした。そこまでいわずとも、大学生の頃は同い年で起業している人や学歴が高い人、できるオーラのある人、既に結果を出している人を見てとても焦っている時期がありました。

でもそれって、意味のない焦りだったんですよね。その時の自分は”経営者になりたい!”という気持ちはあったものの、本気で”経営者になる”という意思決定ができていなかった。

周りの人は先にその意思決定を既に2年前、3年前からしている人もいた訳です。それが自分に足りなかった。そういう人は同い年に見えても3年前から本気出してるわけで追いつこうにもそのタイミングではすぐには並べないわけです。

マラソンで1時間早く出た人を抜くのは1秒じゃ現実的に無理です。でも”時間の差”というのは4次元の話なので見た目では分かり難く、その差を測らずなんとなく比較してあせる事になっていたわけです。

では、“どこの時点で比較するのか”。

それは、その人が”今の自分と同じタイミング”でどのように判断したのか。
その時点の成功者と比較をするのが一番よいと思っています。

例えば、先にも出ていたマイクロソフトのビルゲイツ氏やGoogleのラリーペイジ氏、セルゲイブリン氏はそれぞれ、ハーバード大学、スタンフォード大学を休学してから退学しています。

彼らも大学生の時はあり、その時いきなり退学して起業するのは怖かったのでしょう。「失敗したら大学生にもどればいっか!」的なノリでリスクを計った上で事業をはじめているのです。

何も1歩目から人生がみなさんと大きく違っているわけではないのです。そのレベルまで行かなくとも経営者はおしなべてその人なりのリーダーシップがあり、継続力が高く、結果にストイックな性格を持っていますがそれは、生まれもって出たものではないということです。

中学生の部活で養われた人もいれば、高校の文化祭かもしれません。もしくは大学での起業経験からかもしれません。その人一人ひとりの能力は今比較しても意味がなく、その人のその能力が醸成された時点までさかのぼってどう判断したかを見る必要があるのです。

自分自身、初めて長期的な期間でのリーダー経験はバスケ部のキャプテンです。その経験が無ければ今の自分の性格はないと思っています。ドタキャンしまくってたことも、人を裏切ったことも、騙されたことも、思考が弱く全部論破されていた次期も、経営の”け”の字も知らなかった次期もあります。

自分がなりたい人の”今”と比べないでほしい。その人今の自分と同じ葛藤に悩まされたときにどう対処したかさかのぼり、話を聞ける人がいるのであれば確りと話を聞いて判断してほしいと思います。それがその人の本質を知る一つの方法になると思っています。

人生の転換点はいつ来るかわかりませんが、必ず夢に向けて120%の努力を続けた人でそれがかなわない人はいません。自分のなりたい像を持つ人がいればその人の人生を時間軸で見てどこでどう判断して考え方が醸成されたのかを見てみるといいとおもいます。

それが人を切らない理由。

だからこそ、俺はどんなに能力が低くとも、人が夢を忘れてしまいそうになっても、その人を絶対に切りません。

経営者や起業家の友人には、「加藤は人を切れないよね。だめだよね。」といわれる事も多々あります。経営では、ダメな人を切って優秀な人を採用することが”効率がいい”と考えられているからであり、それは事実です。1年で無理なら見切りをつける、○○ができなければ見切りをつけるなどなど。

でもそれをしないのは、その人が大きく変わる瞬間がまだきていないだけだと思っています。自分自身もコミュニケーションが不安な時期が合ったし、毎日怠惰なくそみたいな生活をしているときもあったし、夢に忠実に生きれない日もたくさん続いたし、口だけの日々が続いたし、経営能力・知識だってBSもPLすらわからない日がありました。

それでも人は変わることができるという事を身をもって知っています。夢を叶えている人はおしなべてこの転換点があると思っているはずです。さらに自分自身は、これからもさらに大きく変わる瞬間があると思っています。

人のこういった瞬間に立ち会える事こそが喜びであり、ディズニーランドに行って「あーたのしい!」よりもパズドラいじって「わーたのしい!」よりも何千倍もの価値がある時間だと考えています。(ディズニーランドもパズドラももちろんたのしいですが。)

自分のその変わる時を信じて待ってくれているという安心感こそがその人を成長させられると想っているので、そうやって一人の事業家に一緒に仕事できる日を楽しみに待っているのです。

だからこそ俺は切れないのではなく、絶対に人を切らない安心感で育てることをしたいと思います。とはいえ、厳しくしないというのは甘やかすだけなので、アップorステイで行こうと思います。今の現状にステイする人は置いてくので日々進化してもらえればうれしいです。

そんなことを考えた京都でした~。

1年やって諦めるくらいなら今すぐに諦めろ。

久しぶりのブログです。週1回は更新して行くようにしていきたいと
考えていますが、果たして続くのか。頑張って続けます。

先ほどはインキュベートファンドさんとのイベントが終りました。
VCミートアップという起業家と投資家を確りと紹介する場を構築しています。

当日来てくれた若手起業家にどれだけこの価値が伝わったかは
はなはだ疑問ですが、まずはいいスタートを切れたと思っています。

S__159154515
※あっきーが頑張って話してます。

S__159154516
※参加者は起業家や起業志望者、それぞれがそれぞれの想いを持って参加しています。
この中で何人が今後の世の中を大きく変革する人材になるのでしょう。

久々のブログ、書き始めます!

短く書いていこう!

さて、長く書きすぎると多分続かないので、
短めにポイント絞った記事にしていきたいと思います。

久しぶりのブログにもかかわらずつよい言葉を使っていますが、
事業を目指す人たちに話を聞く中で最近思うことがあったので
それを書き留めておこうと思っています。

「3ヶ月ぐらい様子見てピボットも考えてます。」
「事業の見極めは半年くらいですかね。」

と、かっこ良く横文字を使ったり、撤退ラインを見定めたりしている人が
いるけれど正直その時点で負けてる気がするなーなんて思って話を聞いてます。

事業がうまく行かないから方針を変えるのはまあ分からなくもないですが、
たまに大きくユーザ・顧客まで変えようとする人がいるんですよね。

大抵「大きくピボットしました」なんて横文字を使う。
なんもかっこよくねーなと思ってみています。

また、久しぶりに会うと、
「あの事業は一旦クローズしました。またあたらしい事業モデルを考えて進めています。」
なんていう、あたらしい事始めたがりの人が若い起業家や起業志望者にはいます。

誰の為に事業を始めたのかなと、いつも想う。
どんな課題に対応したくて、あたらしいどんないい世界を描いてそれをやっているのかが
見えてこない事業は結局小銭稼ぎで終ってしまうと思っています。

売上たたないから諦める位の気持ちで始めた事業なんて絶対に生き残れない。
そんな中途半端で始めるくらいならはじめから諦めちまえよといつも思う。

今、色々と新規事業を立ち上げる人へ相談できるようにはなってきたけれど、
それでも俺だってまだまだ足りない部分が多いと思っています。

それでも、誰よりも死ぬ気で経営関連の勉強もしてきたし、
経験も人脈も気づいてきたと思っています。

今でも、周りにいる誰よりも全力で取り組んでいる自負はあります。
人が頑張ったのを見て頑張り始める時点で3流。
普段から頑張っていれば、それ以上頑張れる余地がないから。

環境に浸って茹で蛙にする為に、今のいい環境を創った訳じゃない。
19歳でホストやクラブイベントなどやってた俺が外から見たときに、
今の環境にいる同世代を見ても多分負ける気しないだろうね。

「1年やって諦めるくらいなら今すぐに諦めろ。」
事業を志している人全てにこれをいいたい。

5年先でも10年先でもいいから必ず成し遂げたいことに全力になってほしい。
宇宙兄弟にもあるけど、「諦めるくらいならそれは夢じゃない」と。

最近の人は知識が多い分頭でっかちになっていると思います。
事業として自分の貯金がすっからかんになったって、
それでもなお成し遂げたい夢があるからチャレンジできるんだと。

そしてそういう人が最終的に成し遂げて行くんだと。
今できることに10年20年全力で取り組めないなら今ここでやめた方がいい。

一生やっても飽きない事を見つける事に時間を使った方が
何千倍もいい。そんな覚悟を持った人たちがもっと増えれば絶対楽しくなる。

根性論は好きじゃないけど、根性無い人の方がもっと嫌いです。

そんなことを考え昼下がりでした。
明日は久しぶりの京都&初京都大です。

関西の方々よろしくお願いします!

ビジネスマナー無くして、成功はありえない。

こんにちは加藤です。最近、学生に会うことが多いのですが、礼儀がまったく出来ていない人が多くなったと感じています。

「何かをやり遂げたい」、「社会に価値を作りたい」と口では言ってるのに、

・予定にドタキャンする。
・挨拶が出来ない。
・お礼が出来ない。
・返事が遅すぎる。
などなど

別に飲みの席で、「グラスの中を常に確認して次のお酒の注文を確認しろ」とか、「タバコ1本で灰皿交換しろ」とか、「タクシー降りる直前に財布を用意しろ」とか高度な要求をしているわけではない(この辺も実は基本中の基本だけど)のに、まったく礼儀が出来なすぎる。

目の前の人一人を大切に出来ない人が、世界を変えることは出来ない。
礼儀が出来ない人に人は何も教えてくれないよ。

そして、目上の人だけに礼儀を使ってくる人も最悪。「かわいがって欲しい」という裏の魂胆が見え見えで気持ち悪い。そういう人に限って、「礼儀出来てる俺。ドヤ!」的な振る舞いをするけれどそこが本質ではない。

他人と仕事をするうえで、その「相手が気持ちのいい振る舞いが出来るか。」が最も重要。
「なんか分からないけど、仕事しやすいな。」「ああ、この人とならもう一度仕事がしたいな。」と思ってもらえることが大切。

中学校のときのバスケ顧問が言っていたさまざまな事が、今でも大切に響いています。
礼儀ひとつひとつを鬼のように指摘してくれたので今の自分があるなと感じています。

そんな自分でもまだまだ礼儀が出来ていないところが多いので、一つ一つ出来ていないところから解決していこうと思います。

最後に、スラムダンクにも出てくる名言。中学校のときは何かあると必ずこれを音読させられたな~。

『下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目』

もっと上に行く為に、まずは俺も自分の一歩目を進んでいきたいと思います。

ただ、表面的にまねるのではなく、”本質をまねる”。

「仕事を盗め」とは色々なところで聞くことが多いと思います。

仕事上、学生向けに話をする機会が多いのですが、最近思うことが、表層的なところを「まねようとすること」が多いということ。

「やり方を教えて欲しい」、「フォードバックが欲しい」、「アドバイスが欲しい」そう言われた時にその場での意見は伝えることが出来るけれど、それを表面的にまねしたところで、何も手に入れてないのとほとんど同じです。

自身が「考える」こと、知識を「習得する」こと、何度も挑戦して「鍛錬する」こと。

これが無いと、絶対に地に足の着いた結果は身につきません。

単純に「楽をするな」といいたい。楽をして得られるものに何も価値は無いし、楽して手に入るものは、他の誰かも楽して手に入る。そうではなくて、必死に何年もやって初めて手に入るものに価値を持ってほしい。

そういうスタンスや、考え方を真似なければいくらテクニックだけを手に入れようとしても無駄。一つ一つの考えや行動のそこにある「本質」を見抜いてまねして欲しい。
そもそもテクニック思考の時点で何も成し遂げることは出来ません。

人に知識を伝えることで自分の知識を強固にしているところ、常にやった事の無いことに挑戦していること。一人ひとりをリスペクトし仕事を進めていること。
しっかりと一人ひとりを見て必要なときに時間を割いて話を聞いて提案してあげていること。

「仕事を盗む」とは「物事の本質を見る」こと無しには成し遂げられません。私自身26歳で言葉遣いもわかいからまだまだ学生に間違われるくらいだけれど、10代からの積み重ねで今があります。

10代から歌舞伎町でホストやってた事も、スイミングインストラクターで子供から大人にスイミングを教えている事も、コンサルティングファームで事業支援している事も、21歳から人に教える場を作って育成力を鍛えている事も。その時々で失敗したときにどのように反省しているかも含めて、全部あって今の自分があります。

今の俺をちょこっと知ってまねたところで何も手に入りません。
表面的なテクニックではなく本質を抜き取るところを良く考えて過ごして欲しいと思います。

本質を学ぶことは色々なものに応用できるようになるのでそういうスタンスで望んで欲しいと思います。

watson

【イベントレポート】新しい時代のはじまりIBM WatsonSummit2016に行ってきました!

IBM WatsonSummit2016に行ってきました!

こんにちは。かんたです。昨日(2016年5月25日)、IBM主催のWatsonSumitte2016に行ってまいりました。


※イベントポータルサイトで共有されている動画です。
(参考:http://ibmevent.jp/watsonsummit2016/)

恥ずかしくも、

  • AIってどのように今後のビジネスに効いてくるの?
  • IBMのWatsonってどんなものなの?
  • コグニティブの時代って何?

という状態でしたので、イベント自体とても良い経験になりました。

せっかく、参加してきたので簡単にブログ形式でまとめます。

どんなイベントだったの?

IBMのWatson※という言語処理や機械学習を簡単に使えるようなプラットフォームを
実際の事例や、今後のあり方など中心にセミナー形式(セッション)と展示会形式で紹介する大規模なイベントでした。

”IBM Watson は、自然言語処理と機械学習を使用して、大量の非構造化データから洞察を明らかにするテクノロジー・プラットフォームです。”
http://www.ibm.com/smarterplanet/jp/ja/ibmwatson/what-is-watson.html

IBMは、Watson を 人工知能(AI)と呼ばずに、「コグニティブ・コンピューティング」と呼んでいます。

”Cognitive”とは”認知の”という意味だそうです。

2日間(パートナーシップを結ぶ会社向けのイベントを含めると3日間)に分けて行われるイベントのうち、一般向けの1日目となる25日に参加してきました。

かなりたくさんのセッションと展示会があったのでほんの一部しか見ることが出来ませんでしたが、非常に有意義な時間でした。

当日の概要が写真で伝わればと思います。

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Slider

セッションの紹介!

私が見てきたセッションは下記の3つです。

  • セッションその①:Watsonで何ができるの?~Watson APIの解説とデモンストレーション~(日本IBM株式会社:瀬川様)
  • セッションその②:IoTとWatsonが変えるモバイルの未来(株式会社Jena:手塚様)http://www.jena.ne.jp/
  • セッションその③:ロボット時代の創造~ソーシャルロボットとWatsonが融合する瞬間~(ロボットクリエーター:高橋様)

こちらを3つともブログに書こうと思いましたが、①だけ書くのに時間かかったので、
②、③は会ったときなどに声かけ下さい。特に③登壇者のロボットクリエーター高橋様の話が非常に面白く、今後のロボットとAIの関係や、スマートフォンのあり方などを知れるいいセッションでした。
5/26発売のSHARPから出る「ロボフォン」の共同開発者でもあるそうです。

それまで「ロボフォン」を正直舐めていましたが、当日会場でロボットが自分で立ち上がり、話す姿を見て会場の多くの人が、スマートフォンの次の形を想起したと思います。
値段も高く、動きもぎこちなく、スマートフォンのスペックも低いですがとてもほしくなるプレゼンテーションでした。

▼アスキー様がインタビューしていた動画があったので下記にご紹介します。

それでは中心のセッションを下記でご紹介します。

Watsonで何ができるの?~Watson APIの解説とデモンストレーション~(日本IBM株式会社:瀬川様)

今回のイベントで一番聞きたかったセッションがこちらです。実は当日、一番最後に聞いたセッションですが、記事の説明的に一番前に持ってくるのが良いと考え、一番先にまとめさせてもらいました。

こちらのセッションを経て、「コグニティブ・コンピューティングって何?」「Watsonて何ができるの?」と聞かれて少し話せるくらいにはなったかなと思います。

コグニティブ・コンピューティングって何?

“コグニティブ”と打つと普通に変換されないくらい、なじみの無い言葉ですが、

Cognitiveは直訳すると「認知、認識の(できる)」と言う意味となります。
「経験的知識に基づく」というような意味あいで、経験を通して学習し、相関関係などを見つけて仮説を立て、
記憶し、結果のフィードバックを元にさらに学習していくというような人間の脳のように考えるシステムのことです。
(と、私がコグニティブしました。)

当日、簡単に説明していただいたのが
「①理解」、「②推論」、「③学習」の3要素を満たすシステムのことをさしているようです。

例えば、IBMWatsonは2011年に米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」に挑戦し、2ゲームを通じて最高金額を獲得しました。

このクイズを例にすると、3要素とは、
①クイズの問題を解釈し、
②テキストで書かれた物から答えを探し出し、
③学習の仕組みを組み合わせ、更に精度を高めること。
となります。これを通し、機械でも人間と同等以上の思考を可能にすることです。

Watsonって何ができるの?

さて、そんなWatsonですが、実は現在誰でも30日間無料で利用することが出来ます。
現在(2016年5月25時点)、英語版は28個の機能、日本版は8個の機能を利用することが出来ます。

イベントでは日本語版の8個の機能について細かく説明してくれました。
聞いた話をそのままに簡単にまとめていきます。

  •  1.自然言語分類 | Natural Language Classifier
  •  2.対話 | Dialog
  •  3.検索およびランク付け | Retrieve and Rank
  •  4.文書変換 | Document Conversion
  •  5.音声認識 | Speech to Text
  •  6.音声合成 | Text to Speech
  •  7.個人診断|Personality Insight
  •  8.画像認識|Visual Recognition

1.自然言語分類 | Natural Language Classifier

テキスト情報を入力した際に、それが何を意味しているか判断するためのプログラムです。

「何かいい商品は無い?」という文章から「何かを探している。」という事をコンピュータが認識するためのツールとなります。
仕組みとしては「何かいい商品は無い?」=「Lookfor」と言うように、テキストを分類(クラスに分ける)しそれを一つのクラスに対し、
最低10個記録しておくことで、同様の問いかけがあった際にコンピュータが質問内容を自動で判断出来るようにします。

例えば、
・「何かいい商品は無い?」=「Lookfor」
・「商品がほしい?」=「Lookfor」
・「今日は買い物がしたい?」=「Lookfor」
・「いい商品はない?」=「Lookfor」

と言うものをあらかじめ機会に登録しておき、「今日はいい商品がほしいな」と問いかけをした際に、
自動で「Lookfor」という事を機会が認識し問い合わせ内容を認識するといったプログラムになります。

※英語版のデモは下記です。

2.対話 | Dialog

会話を自動で返信するプログラムです。

例えば、「ジャケットを買いたいです」と入力があった際に、
自動でコンピュータ側から「サイズはどうしますか?」のように
返信が出来るようになります。

※英語版のデモは下記です。ピザを注文できます。

3.検索およびランク付け | Retrieve and Rank

質問に対し、予め登録してあるドキュメントを検索し、
予め学習した知識から回答候補を順序付けして応答を返すプログラムです。

例えば、
「Watsonて何?」と言う質問に対し、

1.IBMが開発したコグニティブコンピューティングシステムで・・・
2.スパイダーマンの登場人物の一人で・・・

というようにあらかじめ用意した内容を順位付けして応答するできるようになります。

※英語版のデモは下記です。

4.文書変換 | Document Conversion

文書の形式を変換するプログラムです。

入力はPDF、Word、HTML形式、出力は他のWatsonサービスでも使用可能な
HTML形式、テキスト形式、Answerユニット形式です。

※英語版のデモは下記です。

5.音声認識 | Speech to Text

音声情報から、テキスト情報へ変換するプログラムです。

※英語版のデモは下記です。

6.音声合成 | Text to Speech

テキスト情報から音声情報へ変換するプログラムです。

英語は何種類かの発音にも対応し、とてもスムーズな音声になっていますが、
日本語は女性のみかつどこかカクカクした音声となっています。

※英語版のデモは下記です。
英語で説明が記載されていますが、日本語もあります。

7.個人診断|Personality Insight

こちら、日本語版がリリースされていますが、
まだ現時点では日本語版サイトに説明が載っていないようです。

テキスト情報から、個人の嗜好などを分類します。
例えば、Twieerの呟きからその人の人間性を分析します。
デモ版でダルビッシュ選手のTwitterが有りましたので、それを例に下記にキャプチャしています。
一部視覚化する際に分かりにくいところがあるので、そちらも補足しました。

ダルビッシュ選手を選んで

DBc

結果をアウトプット

視覚化する場合は、該当箇所「View personality traits in sunburst visualization」をクリック。
DBccc

視覚化されました

結果が小さくなってしまいすみません。ご自身でも下記デモから確認されてみてください。
DB

※英語版のデモは下記です。

8.画像認識|Visual Recognition

こちらも、7番同様日本語版がリリースされていますが、
まだ現時点では日本語版サイトに説明が載っていないようです。

画像を認識するプログラムです。
あらかじめ、画像とテキスト情報を結び付けておき機会に学習させた後、
画像をアップロードすると、何の画像かを判断してくれます。

例えば、バナナというテキストと、バナナの画像を50枚結び付けておき、
その後、バナナの画像を見せると機械が「バナナ」と認識します。

※英語のデモがありましたが、準備など色々と難しいので
個人で確認してみてください!

終わりに

以上、たった8つの紹介でしたがそれだけで、今後のコンピュータの可能性を
感じるものばかりでした。それぞれは以前から存在するプログラムですが、
Watsonでは簡易かつ統合的に利用できることが強みとなっていると思います。

Watsonが気になる方は一度登録して利用してみてもいいかもしれませんね。

IBM主催、Watsonサミット開催!

IBM主催のWatsonサミット。5/25参加予定なので、行ける人居ましたら一緒に行きましょう。

登記までできる!パセラコワーキング!

バリ風リゾートバーで有名なパセラに新事業形態が!?

バリ風のリゾートバーで有名なパセラに新事業形態として「コワーキング」が登場との事。
最寄は東新宿駅です。新宿付近で打ち合わせや作業が必要な人は是非利用してみることをお勧めします。

■パセラ公式サイト

■オフィスサーチ